サン大淀キャンプ場

There's no clock in the forest. 

新着情報

2017

海の上でフリスビー!  (無料貸し出し)

スチロールで水に浮くため、海上でもフリスビーができます。

他の備品と同じように、メインハウスの見えるところに置いてありますので、ご自由にお楽しみください。

og1

og2




og3

(この記事の写真・映像は、オゴディスク紹介のものを使用しています。当キャンプ場内での撮影ではございません(木があって、広場があって、という点では、似ているでしょう。)。いくつかある無料貸し出し品に加えまして、新たに、フリスビーラケット2つ、付属のボール1つを、2017年からキャンプ場で所有・無料貸し出しをはじめました。)

 

 

 

2016.4 ついにベールを、と言いますか、カラーシートをはがしました。バンガローの「壁絵」です。
dd6
 白い鳥は、「ハト」ということのようです。海のそばのキャンプ場ということもあり、カモメかと思っていました。
 わりと短時間で図案を考えていたようでも、この絵には、いくつかの象徴的な意味が込められているということのようです。
 発案・構想・制作は、中学生・高校生のみなさまです。ありがとうございます。


2016.3 「お忘れ物?」それとも、「ご寄贈品?」
12
 メインハウスのベランダあたりに置かれていました。 
 海で拾った貝がらに、念入りに模様が描かれています。裏面には、しっかりと、お名前がご記入されています。

2016.1 「ハンモック」です。


wd304
メインハウスの2階に2つ。ベランダと、林の中にも取り付けることを考えています。 
適度な包まれ感にはリラックス効果があるようです。夜泣きをする赤ちゃんをタオルでくるんで、やや圧迫すると、安心して眠るようになる、という育児法は世界中の文化で見られたということです。(参考:『皮膚という「脳」』
ほかにも、下のブランコ似た、ゆらぎや、重力からの解放感なども快適さに関係しているのかもしれません。

<追記>
(注)2017年いっぱいで、新規のハンモックの取り付けはストップになる見込みです。1シーズンもつかどうかの耐久性のため、2018年は今残っているものまでになりそうです。より頑丈なものを探すかどうか、現在未定です。

2015.8 バンガローの壁画の制作、ありがとうございました。もったいをつけて、うさぎさん部分のみ、ご公開です。
wd055


2015.7 夏もクリスマス・イルミネーションです。
もう少し明るいほうが、というご要望により、入り口のライトを増やしました。さらに、クリスマス用に使われていたLEDをいただいてきて、取り付けました。一年中、クリスマスです。

GIF3

  

2015.1  ニューアイテムの、「室内ブランコ」 です。 

これで1日中、ブランコをお楽しみいただけるでしょう。メインハウスの2階に、2つのブランコです。
(追記)
大好評です。
「これは楽しい!」とのお墨付きをいただきました。
 

wstn083 
 
 




ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system