サン大淀キャンプ場

There's no clock in the forest.  

写真(ゲストハウス/バンガロー/バスルーム)


ゲストハウス

g1

g2

g3

バンガロー

hut1
右半分は増築部分。内装はまだ工事中です。近日終了?

バスルーム(ゴエモン風呂)


b1

b2

釜の下から焚き火であぶられながらの入浴は、遠赤外線か何かでしょうか、ゴエモン風呂ならではの味わいがあります。ここの絵柄もまた中高生キャンプのボランティアワークによるものです。

海からあがった後は、ホースで水をかぶられる方が多いです。ホースは浴室内や屋外で、何箇所かご利用いただけます。浴槽に、あらかじめお湯を沸かしておいたていただくこともできるでしょう。

ガス式の温水シャワーは、ゲストハウスに備えられています。

長期に滞在されるグループで、気分を変えたいといった場合には、松阪市のスーパー銭湯 「鈴の湯」松阪温泉「熊野の郷」などがあります。それぞれ片道30分ほどもかからないのではないかと思います。また、数日以上の滞在で、このキャンプ場を拠点に伊勢松阪のパワースポットめぐりも、といったケースでは、片道一時間ほどですが、温泉のある道の駅「飯高駅」まで行き入ってきた、との報告もあります。もっとも、このキャンプ場そのものが、「斎宮跡」に隣接していますので、パワースポットのようなものかもしれません。


子だぬきぽんぽこ風呂(マウスをのせると画像が変わります)

 

林の中には本物のタヌキがいます。かわいい子ダヌキを見た人もいます。でも、普段は姿を見せないので、その代わりです?
tanu1 
 



ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system